最新記事一覧

男女

作業の効率化を図るために

申請や承認作業を大幅に短縮するために、現在ワークフローシステムを導入する企業が増えています。実際にこのシステムを導入する場合はそれぞれの機能を比較し、自社に合ったものを選ぶ必要があるので、注意が必要です。

PC操作

金融とIT化について

フィンテックは金融のIT化であり、今日では様々な場面で活用されている。社内においても、経費精算のシステム導入を行うなどでフィンテックを活用することになる。それにより、労力を削減でき人件費などの経費削減に繋げられる。

テレビ電話

面接試験とその方法

面接試験を行う際、テレビ電話面接を活用する企業が増えている。テレビ電話面接を利用することで、受験者が面接試験を受けやすくなる。それにより、企業側においては、受験者数を増やせる可能性が有り優秀な人材を確保しやすくなる。

チャット

会社内の連絡方法の取組

企業の意思疎通手段として、昨今ではチャットシステムを諒して、業務連絡などに活用する企業が増えてきています。これはチャット自体が持つ様々な特徴が、業務の効率化などに貢献することが判明してきたので、導入したいと考えられるようになったのです。

女性

申請書を作成しよう

個人の申請書作成が楽なことはもちろんの事、会社に勤めている人たちにもワークフローはありがたいのです例えば年度ごとの切り替えや勤め先が変わる人事異動、組織の階層を変更したい時にも便利です。最後に比較したいのが承認してくれる人を自動的に判定してくれる所です。ワークフローで時間の効率化をはかりましょう

個人向けからビジネス用へ

チャット

ビジネス用の特徴について

チャットシステムと言うと、個人間で簡単にコミュニケーションが取れるツールですが、これを会社の業務連絡などにも使う動きが広まっています。基本的な使い方は、個人向けの製品と変わらないのですが、業務用にも使えるように様々な機能が搭載されているのです。まず最初の特徴として、様々なデバイスでチャットができるようになっていることですが、これは業務目的が広まっているからになります。基本的には今や業務遂行で必須の機器となっているパソコンはもちろん、タブレットやスマートフォンでも使えるようになっています。個人向けでも一部の製品はパソコンでも使えるものはありますが、それぞれのデバイスの特徴に合わせてつくられています。またグループでのチャットもより業務向けに特化されており、複数での同時会話に対応することはもちろん、後からその内容を確認しやすくなっています。またグループチャットの会話を、一度終えた後に再度再開しやすくなっているのも、ビジネス用チャットシステムの特徴になります。さらにスケジュール機能と連携することで、相手先の状況を確認しやすくなっており、必要に応じてコミュニケーション手段を変えることも可能です。特に昨今では集中すべき業務時には、電話などの応対をあえて実施しないなど、効率化を進める動きがあり、そのためにもチャットが有効と考えられています。このように個人向けの製品として同情したチャットは、そのメリットや利便性からビジネス向けにも使われているようになっています。