最新記事一覧

会社内の連絡方法の取組

チャット

新しい意思疎通手段の魅力

企業がその規模を大きくなるに連れて、意思疎通手段は口頭から電話やFAXそして昨今ではメールで行われるようになってきています。こうした中で業務のあり方自体を変えていくという観点で、新たしい意思疎通手段としてチャットを導入する企業が増えています。ここでは業務用としてのチャットシステムの特徴をまとめることにより、なぜ企業で支持されつつあるか、その魅力に迫ってみることとします。まず最初にスマートフォンの利用が広まり、個人間のやりとりにSNSが使われるようになってきたのですが、その使い勝手とチャットが似ていることがあります。特に若い従業員を企業に迎えるときに、慣れ親しんだコミュニケーション手段のほうが、すぐに業務連絡などをしやすくなると考えられるためです。次にメールで連絡をする場合、お客様からのメールなどにその情報が埋もれてしまい、対応が送れるという問題があったのです。こういった点に考慮しているのが、チャットシステムであり、業務遂行の上で即座に連絡したいときに、確実に相手とコンタクトできるのです。チャットでは現在の自分の状況を設定することができるので、資料作成に集中したいときなど、コンタクトしてほしくないときには、そのことを明示化することができます。これは電話連絡の最大のデメリットである、相手の都合を考えず、更に電話応対者の作業を止めるということを避けることもできるのです。こういった特徴をもっているのが、業務で利用できるチャットシステムですのので、企業としても魅力的な製品として考えられるのです。