最新記事一覧

作業の効率化を図るために

男女

導入すべきシステム

多くの会社で導入され始めているシステムとして現在ではワークフローというものが注目を集めています。ワークフローとは関係者同士の仕事の手続きなどの流れのことを指し、これを電子化しシステム化したものをワークフローシステムと呼びます。このシステムを導入することにより申請、承認業務にかかる時間を大幅に短縮することができ、今までは紙面や口頭などで行っていた業務もパソコン上などで行うことが可能となりました。今では多くの会社がこのワークフローシステムの法人サービスを行っているので、実際に導入を考える場合はこの各社の性能や機能を比較し、自社に合うものを選ばなければなりません。比較をする場合はそれぞれ注目するポイントを絞り込みましょう。まず見ていきたいのがユーザー単価や初期費用です。このシステムを利用するためには多くのところでユーザー単価や初期費用を支払わなければなりません。ユーザー単価は基本的には月ごとに支払うことになっており1000円以下のところがほとんどです。また初期費用は会社によっては無料のところもあるので、こちらも見逃さないようにしましょう。そしてさらに大事になるのがワークフローの機能です。ブラウザで利用可能か、様々なオフィスソフトと併用できるのか、外国語に対応できるのか、スマホやタブレットへ対応しているのか、といったポイントはよく比較対象にあがります。他にも直感的な操作や入力のしやすさなども比較する際のポイントとなりやすいです。