最新記事一覧

金融とIT化について

PC操作

身近な金融IT

最近注目を集めている用語に、フィンテックがある。フィンテックは金融のIT可能ことであり、IT技術を活用した金融サービスを指す言葉となっている。金融のIT化については、身近なものも多くなっている。例えば、モバイル端末による決済や仮想通貨、株の自動売買ツールなどもフィンテックの一部となっている。特にモバイル決済については、多くの人が利用しているものであり、IT技術を活用した金融サービスの中でも最も利用されているものである。その他、ネット銀行などを活用し、ネット上でお金の送金や受け取りなどを行なうこともフィンテックである。これらは主に個人での活用となっているが、企業においても様々な面で導入されている。例えば、経費精算を自動化することなどもフィンテックの導入の一例となる。社員が経費精算システムで入力した情報を元に、金融機関にネットワークを活用し入金することなども金融サービスのIT化の1つである。フィンテックを活用することで、企業の業務においても効率化が大きく進むこととなる。経費精算においても、現金での精算を都度行う場合、それには大きな手間がかかる。しかし、ITを活用しシステム化することで、社員が入力することと会社が承認する場面のみ社員が介在し、それ以外は自動化できる。それにより、これらの部門の人員削減に繋がり経費削減に繋げていくことができる。これらのように、会社業務の中においてもフィンテックは浸透しているものになっている。